本家、パワーストーンの情報サイト「ラッキーストーン」は上のバナーをクリック

おススメの原発関連の本を紹介していきます。

My Slim Water いつまでも、スリムで美しく 原産国 : フランス 原材料 : 鉱泉水 栄養成分 : ナトリウム0.94mg カルシウム46.8mg マグネシウム7.45mg カリウム0.28mg
新原子炉時限爆弾
広瀬 隆
二酸化炭素温暖化説の崩壊
広瀬 隆
暴走する原発  これから起こる本当のこと 広河隆一
危機は刻々迫っている!
世界各地で頻発する大地震は何の予兆なのか? クリーンエネルギーとして推進されている原発は本当に安全か?「原発震災」がもたらす日本壊滅の危機に警告を発する。
温暖化はCO2のせいではなかった!地球温暖化は人為的なCO2の排出が原因であるとして、世界中を欺いてきたIPCCのデータ改竄が暴かれ、欧米では大問題になっている。本書はCO2の冤罪を晴らし、真の犯人を科学的に推理する。 50回以上チェルノブイリ原発事故被災地の取材を重ねた著者がどのように汚染が広がり、人々が食べ物から被曝していったか、5年後、10年後のデータで明らかにしていきます。これから福島がどのように復興していく道があるのかを考えるための必読書です。
隠される原子力・原子力の専門家が原発に反対 小出裕章
報道災害 原発編
上杉隆
3.11後の放射能「安全」
報道を読み解く 影浦 峡
ご存知、京都大学原子炉実験所で放射線計測、原子力安全を専門とする小出裕章が、隠された原発の真実を告発する。 政府・東電の情報隠蔽に加担した記者クラブ報道の罪が次々と明らかに。「ただちに健康に影響する値ではない」と垂れ流し、多くの人々を被曝させた罪。記者クラブが国を滅ぼす。日本人が自らを守り、生き抜くために手に入れるべきメディアリテラシーとは何か。 基準を何倍も超えても「危険でない」なら、基準ってなんのためにあるの?情報がありすぎて、何を信じたらいいのかわからない!
報道のあり方そのものに問題がある。気鋭の情報論研究者が、実際の報道の詳細な分析を通じて解きあかす。
DAYS JAPAN (月刊誌)
広河隆一責任編集
原発の嘘
小出裕章
四番目の恐怖
広河隆一
この雑誌は、ずっと定期購読させていただいてます。2011年1月号では、まるで福島の地震と原発事故が分かっていたかのような記事もあり、浜岡原発がいかに危険かも詳細に書かれていました。購読をおススメします。(年間7700円) 小出裕章氏は、かつて原子力に夢を持って研究者となることを志した。原子力を学ぶうちにその危険性を知り、考え方を180度変えることになる。以後40年間、危険性を訴え続けてきた。それが現実となったのが、福島第一原発事故だった。原発は今後どうなる? 電力会社や建設会社はなぜ原子力を愛するのだろう。いま世界の誰れもが原発の廃絶を望んでいるのに。勝つか負けるか、ではない。広大な地球の生きものすべてに目を向ける時だ?。原子力推進の動機とデータを最後に明らかにする。